グルコサミンと相性のよい成分@一緒に摂ると相乗効果の期待大

グルコサミンは単体でも効果があるとされている成分です。

 

しかし、関節痛に対処するために飲もうとしている方に対して、特におすすめしたいのが他の成分との併用です。

 

一つの成分だけを摂取するのも良いですが、より双方の効果を高めてくれるような成分を一緒に摂取したほうが効率的ですよね。

 

こちらでは、グルコサミンと一緒に摂取すべきおすすめの成分を紹介します。

 

関節痛で悩んでいる方は必見です。

 

 

■コンドロイチンを一緒に摂取しよう

 

・それぞれの特徴が関節に良い働きをもたらしてくれる

 

グルコサミンは軟骨の再生、といった効果があります。

 

すり減ってしまった軟骨を修復してくれるようなイメージですね。

 

年齢が高くなると、どうしても軟骨はすり減りやすくなり、しかも回復しなくなるのです。

 

その結果、骨同士がぶつかり合ってしまい、痛みを強く発生させてしまいます。

 

最終的には、寝たきりの原因になってしまうかもしれません。

 

一方のコンドロイチンに関しては、軟骨を強化するような作用があります。

 

要はすり減りにくくするような機能があるのです。

 

仮にグルコサミンで関節の軟骨が復活したとしましょう。

 

しかし、またすり減ってしまっては意味がありませんよね。

 

単に軟骨が増えただけでは意味が無いのです。

 

グルコサミンは軟骨を強化できるので、すり減りにくくなり、グルコサミンの効果を持続させる、といった役割が期待されています。

 

二つの成分を併用したほうが良い理由がわかったのではありませんか。

 

実際に、関節系サプリメントの多くにグルコサミンとコンドロイチンが含まれています。

 

双方を摂取する意味を深く理解しているのです。

 

 

■コラーゲンも一緒に摂取すると良い効果が期待できる!

 

・コラーゲンは軟骨を形成している成分の一つである

 

グルコサミンは関節の保湿的な役割を持っています。

 

いわゆる、潤滑剤のような働きがあり、関節の動きを滑らかにしてくれるのです。

 

一方で、コラーゲンについても保湿効果があることで知られていますよね。

 

グルコサミンとコンドロイチンにはそれぞれ保湿系の機能があり、関節が摩擦によってすり減ってしまうような状況を避けてくるのです。

 

また、コラーゲン自体は骨を強化する働きもあります。

 

不足してしまうと、骨が弱る原因になってしまうこともあるので、十分に気をつけてくださいね。

 

そもそもコラーゲンは食事では摂取しにくいので、サプリメントを利用するのが適切です。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓