併用すべき成分!グルコサミンと一緒に摂ると効果が上がるもの

関節痛に悩んでいる方が利用しているのがグルコサミンと呼ばれる成分です。

 

軟骨成分なわけですが、我々は年齢とともに軟骨成分が少なくなってしまいます。

 

その結果、骨同士が直接あたってしまい、大きな痛みが出てしまうんですよね。

 

グルコサミンの摂取はたしかに関節痛のも良いです。

 

しかし、グルコサミン単体では上手くいきません。

 

実は一緒に取ると効果が上がる、とされているものもあるのです。

 

こちらではその一緒に取るべき成分について紹介します。

 

グルコサミンを摂取しているけど、関節痛に効果が無い、といった状況になっている方は必見です。

 

 

■グルコサミンとともにコンドロイチンを摂取すべき!

 

グルコサミンとコンドロイチンの持っている効果は異なります。

 

・グルコサミンの役割・・・軟骨の退化を防いでくれる
・コンドロイチンの役割・・・軟骨の水分維持をしてくれる

 

グルコサミン単体でも、軟骨に対する作用があると考えられているわけですが、どうしても機能的に弱い、といったこともあります。

 

ゆっくりと作用するものでもあります。

 

即効性といったものは弱いのです。

 

そこでその関節に対する働きかけを強めるためにおすすめとされているのが、コンドロイチンです。

 

コンドロイチンは軟骨の水分を維持する機能があります。

 

軟骨はプルプルしているイメージが有るわけですが、水分を貯めこんでいるのです。

 

軟骨自体の水分量が減ってしまうと、血液自体が運ばれにくくなってしまいます。

 

血液は軟骨に栄養を送っているものでもあり、たとえば、グルコサミンを摂取したとしても軟骨に水分量が少なければ、その栄養素が軟骨に届かなくなってしまいます。

 

だからこそ、コンドロイチンも一緒に摂取したほうが、確実な関節痛に対する効果が現れやすい、とされているのです。

 

コンドロイチンは、鮫の軟骨から抽出されたものです。

 

簡単に摂取できるものではないので、やはりサプリメントから摂取する他ありません。

 

 

■ヒアルロン酸の摂取もおすすめである

 

・ヒアルロン酸も水分に関わる成分である

 

ヒアルロン酸は非肌効果のある成分としても知られています。

 

お肌の保湿機能などを向上させてくれるわけですよね。

 

その保湿機能ですが、骨にも大きく関連してきます。

 

コンドロイチンと同じように、ヒアルロン酸にも軟骨の水分補給に大きな役割を果たしてくれていることが分かっているのです。

 

グルコサミンと一緒にヒアルロン酸を摂取することで、軟骨に栄養が届きやすくなり、再生や修復スピードが増すわけです。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓