足をひねると痛い!グルコサミンで捻挫も予防しよう

50代や60代になって、足をひねる機会が増えてしまった。

 

なんて経験がある人も多いのではありませんか。

 

そんな人は、グルコサミンが足りていないのかもしれません。

 

実際に、グルコサミン不足に陥っている人は足首を捻りやすい、と考えられているのです。

 

こちらでは、捻挫とグルコサミンの関係性について詳しく解説します。

 

 

■軟骨が回復することで捻挫予防になる

 

・コンドロイチンが軟骨をサポートしてくれる

 

足首などをよくひねってしまうわけですが、なぜひねってしまうのでしょうか。

 

実は、軟骨がすり減ってしまっていることで、関節の可動域が狭まってしまっていることが影響しているのです。

 

関節痛も引き起こしてしまうわけですが、ちょっと足首を捻っただけで捻挫のような状態になってしまいます。

 

軟骨がしっかりとしていれば、多少ひねっただけであったとしても、関節の可動域が広いので、大きな問題は発生しません。

 

だからこそ、コンドロイチンは捻挫の予防にもなるわけです。

 

関節の可動域は年齢とともにどうしても狭まってしまいます。

 

怪我のリスクが上昇してしまうことになるので、コンドロイチンをサプリメントで摂取する、といったことは積極的に行わなければなりませんよ。

 

 

■捻挫予防のためには運動も重要である

 

・ストレッチを実施しよう

 

捻挫になりたくないからといって、カラダを動かすのをしないのはかえって捻挫の確率を高めてしまうだけです。

 

そして、コンドロイチンのサプリメントを利用しただけで捻挫予防が完璧になるわけでもありません。

 

捻挫対策として特に重要なのが、ストレッチです。

 

身体を柔らかくするような運動を行うのがストレッチですが、関節の可動域を広げる、といった役割もあるわけです。

 

関節の可動域が広がるということは、グルコサミンとともに捻挫しにくい体質を得る事にもなります。

 

ストレッチに関しては、それほど強い負荷をかけずに行うものでも有るので、ストレッチ中に怪我をしてしまうリスクも低いです。

 

さらに、コンドロイチンを摂取しつつストレッチを行う、といったことも全く問題ありません。

 

かえって相乗効果を得るためにも有効な対策法です。

 

 

・年齢に関係なくストレッチは有効

 

関節痛に悩み始める前からストレッチを日課としておくべきです。

 

ストレッチを定期的に行うことで、怪我を予防しにくくなりますし、関節を傷みにくくします。

 

関節の強化ともなるので、将来の関節痛を防ぐことにもつながってきますよ。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓