変形性膝関節症になるまえの予防策って?

足が痛い、ひざが痛い、肩が思うように動かせない…

 

こういった「体の節々」のトラブルって、どうしても起こってきてしまうんですよね。

 

主には、やはり40代から50代あたりの中高年の方に症状があらわれてくるのですが、その症状は人によってさまざま。

 

ほとんど気にならない程度という方から、痛みのせいで歩くことができない、また痛みがさほどなくてもなんだか足の付け根がおかしくて歩けない…ということも。

 

こういった関節のトラブルでもっとも多いと言われているのが「変形性関節症」と呼ばれるもの。

 

変形性関節症というのは、関節部分が腫れてしまったり痛みが発生してしまったり、そのせいで関節部分が変形してしまう病気のことをいいます。

 

変形性関節症が起きやすいのは足の付け根部分やひざ、肩など力が加わりやすいところ、つまり普段の生活の中で負担がかかりやすいところになります。

 

男性よりも、骨粗しょう症になりやすい女性の方が発症しやすいと言われています。

 

私たちの体の中にある骨というのは、一本でつながっているわけではありません。

 

それぞれの骨が、軟骨というクッションを介してつながっていますよね。

 

この軟骨というのは年齢を重ねるとともにどんどんすり減っていってしまうのですが、そのせいで滑らかな動きをすることが非常に難しくなってしまいます。

 

そのため、骨同士がこすり合わさったり、摩擦が生まれてしまうために炎症となって症状があらわれます。

 

痛みも伴いますし、中には水が溜まってしまう…という場合も。

 

こういった症状を放っておくと、どんどん悪化して痛みも強くなっていきますし、しまいには歩けなくなってしまいます。

 

さらに骨の部分にも影響が及んでしまうため、関節の変形が起こってしまいます。

 

関節の変形が起こると、関節本来の動きが悪くなってしまうため歩きにくくなったり、腕を動かしにくくなってしまったり。

 

日常生活でもとても負担が大きくなってしまうということが言われています。

 

この変形性関節症ですが、予防策としてひとつ挙げられるのが「グルコサミン」の摂取です。

 

テレビCMでもおなじみのグルコサミンは、ひざ・腰や肩といった関節部分にある軟骨の補修をしてくれる成分だということで知られています。

 

特に、20代をすぎると一気に体内のグルコサミンの量が減っていく…と言われていますから、変形性関節症を防ぐという意味でもグルコサミンを日常的に摂取しておくと良いでしょう。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓