ヒアルロン酸入りのグルコサミンってどんな効果があるの?

ぷるぷるの肌を作り出す…そんなイメージがあるといえば、ヒアルロン酸ですよね。

 

よく言われているのは、ヒアルロン酸わずか1グラムで6リットルもの水分を抱え込むことができるということです。

 

非常に高い保水力を持っているということがわかりますが、このヒアルロン酸が活躍できるのはなにも肌だけではありません。

 

ヒアルロン酸ともうひとつ、ぷるぷるの成分としてよく知られているのがグルコサミンです。

 

グルコサミンもヒアルロン酸も、私たちの体の軟骨部分に特に多く含まれていると言われています。

 

腕や足など、体のパーツをスムーズに動かすことができるというのは、この軟骨部分にあるグルコサミンやヒアルロン酸のおかげ…と言っても過言ではありません。

 

これらの量が加齢とともに減っていくと、関節痛が起こってしまったりなかなかスムーズに腕や足を動かすことができなくなってしまいます。

 

さて、これらふたつのうるおい成分ですが、いったいどんな違いがあるのでしょうか?

 

グルコサミンは関節に良いと言われている成分で、軟骨や軟骨の周りに水分を補給し骨と骨とのクッションをしっかりと作り出してくれると言われています。

 

一方のヒアルロン酸ですが、実はヒアルロン酸自体が軟骨をつくっている成分のひとつとなっているんです。

 

ヒアルロン酸や、もうひとつの関節に良いと言われているコンドロイチンは、もともとグルコサミンからできていると言われています。

 

つまり、ヒアルロン酸やコンドロイチンの親玉がグルコサミンだということなんですね。

 

グルコサミンが少なければ、当然コンドロイチンやヒアルロン酸を生み出すことができませんから、グルコサミンを摂取することによって保水効果の高いヒアルロン酸が生み出されるということなんです。

 

そんなグルコサミンですが、手軽にその成分を補給できるサプリメントとしてたくさんの種類が登場していますよね。

 

この数あるサプリメントの中でも、より保水力を高くし、アクティブな毎日を送ることができるよう「ヒアルロン酸」が配合されているタイプが増えているんだとか。

 

前述のとおり、ヒアルロン酸もグルコサミンももとは同じというもの。

 

ヒアルロン酸で軟骨を再生・生成し、グルコサミンはさらにコンドロイチンや新たなヒアルロン酸を生み出す…

 

こうすることで、関節痛をやわらげたり症状を改善させていくのに役立ってくれるということなんですね。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓