グルコサミンとコンドロイチンの意外な関係性って?

いつまでも年齢に負けず、体の動きをスムーズなまま保ちたい…そう思いませんか?

 

私たち人間に限らず動物は、年齢を重ねていくにつれてどんどん体の機能が衰えていってしまいますよね。

 

そういったときにとても役立ってくれると言われているのが、グルコサミンです。

 

グルコサミンといえば、テレビなどでもよく耳にする機会があると思いますが、あのグルコサミンのことです。

 

多くの方がイメージするのは、グルコサミンが関節に良いということ。

 

そもそも関節というのは骨と骨同士が連結するところのことを指すのですが、この部分には骨同士の間にあるクッション役である軟骨というものがあります。

 

その部分に、グルコサミンはいると言われています。

 

グルコサミンはもともと私たちの体の中にあるものの、年をとることによってその量がどんどん減っていってしまいます。

 

すると、クッションを失ってしまった骨同士はこすれてしまうため痛みを感じる…つまり、関節炎を起こしてしまうということになります。

 

さて、グルコサミンがなくなってしまうとこういうことになるということがわかりました。

 

もうひとつ、関節に関わる成分として有名なのが「コンドロイチン」です。

 

グルコサミンと同じく、コンドロイチンも関節に良い…ということを聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

では、グルコサミンとコンドロイチンの関係性って、いったい何なのでしょうか?

 

コンドロイチンというのは、エビなどの殻にたくさん含まれるキチンやヒアルロン酸といったムコ多糖の一種。

 

グルコサミンと同じように関節に良いというコンドロイチンは、実は食物繊維の一種とも言われています。

 

オクラや海藻などいわゆるネバネバ系の食材に含まれていて、さらにマグロやウナギといった食べものにも多く含まれているので、グルコサミンよりも食べ物から摂取しやすいと言われています。

 

コンドロイチンは、実はグルコサミンから作られているということがわかっています。

 

つまり、体の中のコンドロイチン量が減ってきた…ということは、親元であるグルコサミンが減ってきているということにもつながるのです。

 

ですから、コンドロイチンを摂取するならばグルコサミンも一緒に摂取することで、相対的に量を増やすことが可能だということなんですね。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓