股関節の痛みにグルコサミンを摂取するのがおすすめの理由

関節痛で悩んでいる方は、湿布薬を張った程度では良くなりませんよね。

 

問題は関節の内部の軟骨にあるわけです。

 

そこで注目されているのが、グルコサミンやコンドロイチンになります。

 

こちらではグルコサミンが関節痛におすすめの理由について詳しく解説します。

 

一体なぜ、関節痛対策としてグルコサミンが用いられるのでしょうか。

 

特に、現状で関節痛が起きてしまっている方は必見ですよ。

 

 

■軟骨を作る成分がグルコサミンである

 

・加齢とともに危険性が待つ関節痛

 

軟骨はすり減ってしまう、といった表現があります。

 

実際には、軟骨はどんどんと修復されたり補給されることでその形状を維持しているわけです。

 

しかし、どうしても年齢が高くなると、その補給や修復といった機能が衰えてしまいます。

 

なぜ機能が衰えるのか、といったことを知りたいと思うのですが、その大きな原因として、グルコサミン量の低下があります。

 

そもそも、グルコサミンは軟骨を作る成分なのです。

 

軟骨がなくなってきた時に、グルコサミンを多く摂取すれば大きな結果が得られますが、高齢になると軟骨はグルコサミン量の影響で回復しなくなるのです。

 

 

・軟骨が減るとどういなってしまうのか

 

関節に負荷がかかってしまい、変形してしまうこともあります。

 

関節が変形してしまうと、たとえばO脚といった症状が現れてしまうんです。

 

痛みといったものだけではなく、容姿にも大きく関わってしまうので注意して対応しなければなりません。

 

 

■グルコサミンを摂取すれば痛みは減るのか?

 

・軽度であれば痛みがなくなる可能性もある

 

軟骨量の減り具合に関しては、人それぞれかなりの違いがあると思います。

 

ちょっとだけ減っている状態であれば、ある程度すぐに回復することもあります。

 

痛みが出かかった時に積極的に摂取できればかなり回復する可能性は高いわけです。

 

しかし、重度の関節痛になってしまうと、グルコサミンを摂取したとしてもそう簡単には治りません。

 

かなり長丁場になると思いますが、定期的にグルコサミンを摂取し続ける必要があります。

 

ちなみに、かなり痛みが強く症状が重かった方でも、3年程度摂取を続けた場合には、痛みがだいぶ軽減した例はいくらでもあります。

 

さらに5年や10年といった長期間利用であれば、ほとんど気にならなくなる方もいるとのことです。

 

医薬品ではないので、すぐに結果が出ることもありませんが、少しずつでも症状が軽くなるのはとても素晴らしいことだと思いますよ。

 

痛みで悩んでいる方は、さっそくグルコサミンサプリメントを始めてみませんか。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓