グルコサミンとコンドロイチンとの関係性を徹底調査

グルコサミンと切っても切れない関係となっているのが、コンドロイチンになります。

 

実際にグルコサミンとコンドロイチンにはどんな関係性があるのでしょうか。

 

こちらで詳しく解説します。

 

特にグルコサミンの摂取を考えている方には必見の情報ですよ。

 

まずはグルコサミンとコンドロイチンについて簡単に説明します。

 

その後に、それぞれの関係性についてお話します。

 

 

■グルコサミンとコンドロイチンについて

 

・グルコサミンとは?

 

アミノ糖と呼ばれている物質になります。

 

軟骨の構成に大きな関わりを持っており、ムコ多糖類であるプロテオグリカンと呼ばれる成分を創りだす能力になります。

 

プロテオグリカンは、軟骨の原料になる成分でもあります。

 

だからこそ、グルコサミンは関節などの軟骨に対して高い能力を発揮する、と言われているのです。

 

軟骨を再生したり、修復したり、といった効果が実際に期待されています。

 

 

・コンドロイチンとは?

 

プロテオグリカンの中に存在している成分です。

 

軟骨を創りだす成分と大きな関わりがあるわけです。

 

ただし、コンドロイチンには軟骨を作り出す、といった機能はありません。

 

コンドロイチンに期待できる機能としては、2点ほど取り上げる必要があるでしょう。

 

軟骨の分解を抑制する、というものが一点です。

 

もう一点が、軟骨の水分を保つ、といったものです。

 

以上がグルコサミンとコンドロイチンの簡単な説明になります。

 

双方ともに、関節の軟骨に対して大きな働きを持っている、といったことを把握しておけば問題ありませんよ。

 

 

■グルコサミンとコンドロイチンの深い関係性

 

・グルコサミンによって生成されるのがコンドロイチンである

 

グルコサミンは、プロテオグリカンを創りだす能力があります。

 

そのプロテオグリカンに含まれている成分がコンドロイチンなのです。

 

簡単に言ってしまえば、グルコサミンがなければコンドロイチンが出来ません。

 

グルコサミンとコンドロイチンのいずれか片方しか摂取してはならないとなれば、グルコサミンを摂取すべきです。

 

ただし、軟骨を健康にするためには、どちらもしっかりと摂取しなければなりません。

 

グルコサミンだけ、コンドロイチンだけ、といったものではいけないのです。

 

最近では、両方ともしっかりと含んでいるサプリメントが多く出ています。

 

関節に不安を感じ始めたのであれば、双方ともバランスよく摂取すべきですよ。

 

軟骨が回復すれば、関節の痛みも減ります。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓