グルコサミンの働き〜関節にどんな機能をもたらすのか〜

グルコサミンといえば、関節、といった印象がありますよね。

 

しかし、具体的な働きについて把握している方はほとんどいないと思います。

 

こちらでは、グルコサミンが持っている機能について詳しく解説します。

 

特に最近になって関節が痛み出した、といった方は必見ですよ。

 

 

■軟骨を精製する成分を作り出す機能あり

 

・グルコミノグリカン(ムコ多糖類)の生成を促してくれる

 

軟骨は、関節をしっかりと守ってくれるものです。

 

しかし、軟骨についても、体内で作り出されているわけなので、効率的に生成されなければなりません。

 

軟骨の生成に深く関わっているのがグルコミノグリカン(ムコ多糖類)です。

 

そのグルコミノグリカン(ムコ多糖類)を創りだすのがグルコサミンなのです。

 

ですから、軟骨の大元がグルコサミン、といった言い方も出来るわけです。

 

関節に痛みがある原因は、軟骨が少なくなってしまったことが影響している可能性が高いです。

 

特に、高年齢になるとその度合いが更に高くなるので注意してください。

 

 

・軟骨の再生力もあるグルコサミン

 

軟骨は年齢とともに磨り減ってしまうものです。

 

それはしかたのないことですが、グルコサミンは軟骨の再生を促進してくれる作用もありま。

 

1度減ってしまったからといって軟骨は終わりではありません。

 

それを補ってやることも十分に可能なのです。

 

だからこそ、痛みが出たからといって諦める事なく対策を実施しましょう。

 

グルコサミンは、食べ物からの摂取が極めて難しいので、サプリメントで効率的に摂るのが一般的にお勧めです。

 

販売価格もそれほど高くないので、その点は安心してくださいね。

 

 

■グルコサミンには炎症を抑える作用もある

 

・僅かであるが抗炎症作用も認められている

 

関節については、炎症が起こって痛みが出てしまっていることもあります。

 

炎症は痛みを伴うので対処しなければなりませんが、グルコサミンにはその炎症を抑える効果もあるとされています。

 

しかし、若干なので強い作用でないことは知っておきましょう。

 

まずは、軟骨を再生するために摂取して、炎症を抑える機能もあればいいな、といった感覚で利用すべきなのです。

 

 

■グルコサミンは1日でどれくらい摂取すべきか?

 

・1日の目安は1,500ミリグラム

 

食事だけで取り切るのは難しいので、基本的にはサプリメントの成分表をチェックしてください。

 

1,500ミリグラム前後であれば利用に問題はありません。

 

ちなみに、過剰摂取したからといって大きな副作用があるわけでもないので、使い勝手の良い成分です。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓