グルコサミンとコンドロイチンの役割

 

サプリメントの中には、グルコサミンとコンドロイチンの両方が

 

実際に含まれているものも多いです。

 

なぜ二つが同時に含まれるのかということについて、それぞれの役割を中心に解説します。

 

 

 

 

■関節痛などの予防改善効果

 

グルコサミンとコンドロイチンに求められている役割として、

 

同じものになるのが関節痛に対するものです。

 

予防効果や改善効果を求めて多くの方が利用しています。

 

 

・関節痛が起こるメカニズム

 

関節が痛む理由としてあげられるのが、軟骨成分の減少にあります。

 

関節には、スムーズに動かすために軟骨が存在しています。

 

骨同士がぶつかりあわないように、骨の間に軟骨が配置されていると考えてください。

 

しかし、年齢が高くなると、その軟骨自体の生成能力が下がってきます。

 

徐々に軟骨も減ってしまい、骨同士がぶつかってしまうことになります。

 

結果的に、関節に痛みが生じてしまいます。

 

その軟骨の再生や成分に関わる成分が、グルコサミンやコンドロイチンになります。

 

積極的に摂取することで、関節痛が改善すると考えられています。

 

 

 

 

■グルコサミンの役割について

 

グルコサミンは、たんぱく質を構成するアミノ酸になります。

 

エビやカニといった甲殻類に多く含まれるケースがあり、摂取が難しい成分としても知られています。

 

 

・関節の軟骨を再生する

 

グルコサミンをサプリメントで補強することで、関節の軟骨の好影響が出る可能性が指摘されています。

 

軟骨成分の復活が期待できるわけです。

 

そもそも50代では、最盛期の20パーセントしかグルコサミンの生成能力がないとされています。

 

ですから、サプリメントで補うことが重要です。

 

 

 

 

■コンドロイチンの役割について

 

アミノ酸の一種になります。

 

水分に関わる成分となり、軟骨の弾力性やお肌の保湿にも

 

関わっているのではないかと指摘されています。

 

食品としての摂取の難しさはグルコサミンと同じです。

 

フカヒレに多く含まれることでも知られますが、毎日食べるということは難しいでしょう。

 

 

・コンドロイチンの役割

 

コンドロイチンが不足すると、栄養素を細胞に送る能力が体内で下がります。

 

細胞の老化というものを助長してしまうわけです。

 

以上の事から肌の劣化を抑えるということに、役立つと考えられています。

 

関節にも役割を果たすと考えられており、関節の緩衝材となる軟骨に関わるとされています。

 

軟骨の弾力性を高める機能が期待されているわけです。

 

 

 

 

■相乗効果を狙う

 

グルコサミンとコンドロイチンが同時に含まれる理由として、

 

似たような役割(軟骨への影響)があるから、というものがあります。

 

双方を同時に摂取することで、相乗効果が狙えると考えているわけです。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓