グルコサミン摂取の際の効果と副作用を調べました

 

サプリメントでグルコサミンを利用する際に
必ずチェックしてほしいのが、“効果”と“副作用”です。
使用目的がマッチングすること、リスクを知ることは重要な事だからです。
以下に解説しますので、グルコサミン利用を前向きに考えている方は参考にしてください。

 

 

■グルコサミンの期待できる効果について

 

 

・関節痛の予防や改善

 

多くの方がグルコサミンを利用する理由になるのが、
関節に対する良い働きです。
そもそも軟骨の役割は、関節の動きをサポートすることにあります。
軟骨の量が減ると、関節の動きが悪くなり、
痛みが発生してしまうことになります。
軟骨を生成するためにもグルコサミンが必要になるので、
摂取して関節を健康な状態に戻そうとします。

 

軟骨の生成については、プロテオグリカンという軟骨の成分が
大きな役割をはたしています。
軟骨の弾力に関わるわけですが、
そのプロテオグリカンを生成することにグルコサミンが使用されます。

 

 

・変形性関節症・リウマチの改善や予防

 

関節つと同じような理由になりますが、
変形性関節症やリウマチに関しても効果があるとされています。
外部からの補給でも、軟骨の生成に役立つと言われており、
サプリメントの利用がおすすめです。

 

 

・血管に関する効果

 

意外なものになるかもしれませんが、
グルコサミンは血管の流れをスムーズにするといった
役割もあると分かってきました。
高血圧の予防や動脈硬化の予防も期待できます。
血小板が固まってしまう事を抑制できると確認されています。
血管に問題を抱えている方にも、グルコサミンの摂取はおすすめです。
血管の大きな病気といえば、“心臓病”・“脳卒中”があります。
将来的にそのような命にかかわる病気にかからないように、
予防の意味を含めて早い段階からの摂取を行いましょう。

 

 

 

 

■グルコサミンに副作用はあるのか

 

 

・1日の摂取目安量がある

 

グルコサミンの場合、1日当たり1,000ミリグラムから1,500ミリグラムとなります。
基本的に、サプリメントにはその数字の範囲内のものしか
摂取しないようになっていますので、
用法・容量を守れば特に問題にはならないです。

 

 

・過剰摂取してしまった場合の副作用

 

必ず副作用が出るわけではありませんが、
いくつかの症状が報告されています。
“胃痛”や“腹痛”といったものになります。
錠剤を多く飲み過ぎたことによる不具合とも考えられますが、
摂取を控えれば収まる程度なので安心してください。

 

他には、便秘や下痢、吐き気や胸やけといったものになります。
グルコサミンとの因果関係はあまり分かっていないです。
食事からの摂取量が多いと思われる方は、
サプリメントからの摂取量を少し減らしても良いでしょう。
何事も適量というものを意識すべきです。

 

 

・天然由来成分である

 

グルコサミンは、そもそも天然にある成分です。
副作用があったとしても、重篤になることは基本的には考えられません。
ただ、甲殻類アレルギーがある方は、大きな問題になることも
考えられるので注意してくださいね。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓