アルコール摂取による関節痛ってグルコサミンと関係があるの?

アルコールを摂取したときに、さまざまな弊害が出てくることがあります。

 

お酒を飲みすぎてしまうと、思考力・判断力が低下したり、気分が悪くなったりすることが多くなるものです。

 

しかし、それ以外にもたとえば関節痛のような症状が出てくる人もいます。

 

初めて関節痛の症状が出てきた場合、その原因がアルコールにあることに気づきにくいものです。

 

アルコールを摂取したことによって引き起こされる症状は人によって異なるので、自分にどのような症状が出やすいのかを知っておくことが大切だといえます。

 

そして、症状に応じた適切な対処をすることが求められるのです。

 

対処の仕方を間違えてしまうと、なかなか症状が改善しなくなってしまいますし、悪化してしまうこともあります。

 

アルコールが影響を及ぼすのが主に肝臓だということは、多くの人が知っています。

 

ところがアルコールを多く摂取しているときに、肝臓以外の臓器・筋肉・手足・関節などにもさまざまな悪影響が出てくることはあまり知られていません。

 

もちろん、少量のアルコールを摂取しただけであれば、このような症状が出てくることはほとんど出てこないものです。

 

一般的に、アルコールが原因で関節痛が起こりやすいのは、大量のアルコールを摂取してしまったときです。

 

このとき、なぜ関節痛が起こってしまうのかが分かっていないと、適切に対処をすることができません。

 

実は、アルコールそのものが原因になっているというわけではないのです。

 

アルコールを体内で分解するためには、多くのビタミン類が消費されることになります。

 

食事を摂りながらアルコールを飲んでいる場合は十分なビタミンを摂取することができるため、アルコール分解で必要とされるビタミンが足りなくなることは少ないです。

 

しかしアルコールだけを大量に飲んでしまうと、ビタミン不足に陥ってしまいます。

 

ビタミン不足の状況が続くと末梢神経などに影響が出てくるようになり、筋肉や関節の痛みが起こりやすくなるのです。

 

したがってアルコールを摂取したときの関節痛を予防するためには、アルコールだけを飲むのを避けて、しっかりと食事もとるように心がける必要があります。

 

お酒に強い人は、何も食べなくても大丈夫だと過信してしまうことが多いですが、ビタミン不足になるかどうかについてはお酒の強さと直接の関係がないことに注意しなければなりません。

 

関節痛がひどくなってしまったときには、グルコサミンを摂取することが大切だとされています。

 

グルコサミンは、カニの甲羅などに多く含まれていることで知られている成分で、関節痛を和らげる作用があるといわれているのです。

 

人間の体内にもグルコサミンは存在しているのですが、残念ながら年齢が上がるにつれて減少してしまうものなので、ある程度の年齢になったら積極的に外部から摂取するように心がける必要があります。

 

しっかりとグルコサミンを摂取することで、関節痛の症状を軽減させたり、関節痛が生じることを予防したりすることができるのです。

 

グルコサミンには、美肌効果やアンチエイジングの効果があることも注目されるようになっているので、関節痛の悩みを抱えていない人でも摂取することが望ましいといえます。

 

ただし、グルコサミンを摂取する上では気をつけなければならないこともあります。

 

やみくもに摂取してしまうと、関節痛の予防・軽減といった効果を期待することができなくなってしまうため、注意が必要なのです。

 

グルコサミンはサプリメントなどで摂取することが多いものなので、薬のように厳密な決まり・制約はないと考えられています。

 

しかし、実はグルコサミンと一緒に摂取してはいけないもの、食べ合わせが悪いものが存在しているのです。

 

特に避けなければならないものとしては、カフェインやアルコールを挙げることができます。

 

つまり、アルコールを摂取していることが原因で生じる関節痛に対処する際は、グルコサミンの摂取方法をよく考えることが大切なのです。

 

グルコサミンのサプリメントの飲み方を間違えてしまうと、関節痛を和らげる効果が期待できない可能性があります。

 

もちろん、アルコールを全く口にしていないタイミングでグルコサミンのサプリメントを飲むのであれば、関節痛を予防する効果につながることが期待できます。

 

しかし、アルコールを摂取したことで関節痛が生じたときに、すぐグルコサミンのサプリメントを飲むことは避けた方がよいのです。

 

アルコールとグルコサミンの関係について理解していないと、意識しないまま一緒に飲んでしまうため、注意が必要になります。

 

ただし、グルコサミンは体内に存在しているものですから、グルコサミンそのものに危険性はありません。

 

また、サプリメントであって薬ではないわけですから、一緒に飲んでしまっても重大な副作用が起きる心配はほとんどないのです。

 

ただ、せっかく飲むのであれば効果が出やすい飲み方をしたいものです。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓