妊娠中の腰痛やひざの痛みにもグルコサミンは効きますか?

妊娠中に腰痛が発生することもあります。

 

膝の痛みが発生することもあります。

 

お腹が大きくなったり重くなることで、腰に負担が出てしまったり、膝に負担が出てしまう、といったことも多いのです。

 

こちらでは妊娠中の体の痛みにグルコサミンが効果を発揮するのか、といったことをテーマにお話します。

 

妊娠中の方、妊活を行っている女性の方は必見です。

 

 

■妊娠中の腰痛や膝の痛みにグルコサミンはおすすめ!

 

・関節の可動をスムーズにしてくれる

 

グルコサミン位は関節の軟骨の潤滑剤になってくれる、といった機能があるのです。

 

関節がスムーズに動くようになれば、身体も動かしやすくなります。

 

関節自体の負担もだいぶ抑えられる、といった効果が期待できます。

 

そもそも、関節の軟骨がすり減ってしまうことで痛みが出てきてしまうケースが多いのです。

 

腰痛に関しても軟骨が大きく関わっているので、しっかりと対処しなければ出産後も腰痛の状態が続いてしまうかもしれません。

 

一度減ってしまった軟骨はしっかりと対処しなければ、なかなか回復してくれないのです。

 

 

・痛みを緩和してくれる機能もある

 

腰や膝に痛みがあるということは、関節が炎症を起こしている可能性が極めて高いのです。

 

炎症が起きているということは、その炎症を取り除かなければ痛みは落ちつかない、といった状況です。

 

グルコサミンには、抗炎症作用、といったものがあります。

 

要は、炎症を抑えるような機能があるのです。

 

関節に出てきてしまった炎症の消炎作用が期待できるので、膝や腰にすでに痛みがある方にも高い効果が期待できます。

 

 

■妊娠中に関節の痛みを放置しておくと大変なことに!?

 

・身体を動かすことが大事

 

あまり動かしすぎてもダメですが、妊娠中であったとしても身体はしっかりと動かしておかなければなりません。

 

身体を動かすことによって血行を促進させる、といったことも重要なのです。

 

血行を促進させなければ、妊娠中はいろいろと問題が発生してしまうことも十分に考えられます。

 

そもそも、赤ちゃんに栄養を送るのは血液ですからね。

 

血行を促進していれば赤ちゃんの成長は早くなりますが、血行不良になってしまうと栄養不足の状態にしてしまいます。

 

関節が痛くて家の中に閉じこもっているのも良くありません。

 

ストレスといったものがどうしてもたまってしまうのです。

 

その結果、流産などの発生確率をアップさせてしまいかねません。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓