高血圧の方は飲めるの?グルコサミン摂取のメリットとデメリット

関節の痛みが出てくる年代といえば、血圧にも問題が出やすい時期です。

 

実際に関節痛と高血圧の両方を患ってしまっている、といった方もいるでしょう。

 

コンドロイチンは関節痛には有効な成分ですが、高

 

血圧に対してあまり良い結果をもたらさない、といったことも十分に考えられるのです。

 

注意して対応しなければなりません。

 

こちらでは、高血圧の方とコンドロイチンの関係性について徹底解説します。

 

実際にどのような危険性があるのでしょうか。

 

 

■グルコサミンの利用は実はプラス!

 

・正しい利用をすればメリットが得られる

 

高血圧の方にとってグルコサミンのサプリメントは味方でもあり、敵でもある、といった言い方が正しいです。

 

問題は、誤った利用方法をしない、といったことです。

 

正しい利用をすればメリットを得られ、正しくない利用をしてしまうとデメリットを得てしまいます。

 

グルコサミンのプラス作用ですが、【血液のさらさら効果】があります。

 

血液の流れをスムーズにしてくれるので、動脈硬化などのリスクを低減してくれることも分かっています。

 

すぐに血圧が低減するともいえませんが、長期的に利用し続けて血液に良い作用を与え続けられれば、徐々に血圧が下がってくる、といったことも考えられます。

 

将来的な心筋梗塞や脳梗塞対策をしたい、といった方はグルコサミンを利用しましょう。

 

ただし、用法用量は必ず守ることです。

 

あまりに大量に摂取すると、逆効果を得てしまうかもしれません。

 

 

■グルコサミンの利用が高血圧の方に危険をもたらす理由

 

・糖を大量に摂取することになりかねない

 

大量にグルコサミンを摂るということは、糖を大量に摂取しているのと同じことです。

 

血糖値をすぐに上げてしまうものではありませんが、身体には限度があります。

 

その限度を超えた量を摂取してしまうと、高血圧の方は、さらに血圧が上がってしまうこともありえるのです。

 

すでに高血圧の症状を発症している方は、十分に注意してください。

 

グルコサミンの量を制限する、といったことも重要です。

 

いくら関節痛対策のために飲んでいると言っても、血圧の状態を悪くしてしまっては元も子もありませんよね。

 

 

■グルコサミンサプリメントの通常摂取量であれば問題なし?

 

・問題ありません

 

グルコサミンサプリメントの容量をチェックしてください。

 

1日の異摂取量は1,500ミリグラム以下であるはずです。

 

実は1,500ミリグラム以下であれば血圧に悪影響を与えないことが知られているのです。

 

1日分の用量を守れば、グルコサミンのサプリメントはあなたに良い結果をもたらしてくれるはずです。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓