関節痛だけじゃない!グルコサミンは痛風にも効果的なんです

風が当たっただけでも痛い、と言われる痛風ですが、30代後半から40代にかけて非常に患者さんが多くなります。

 

発作が起こってしまうと、日常生活が送れなくなるようなことも考えられるなど、非常に大きな問題が発生する可能性もあるのです。

 

そんな痛風ですが、様々な対策方法があります。

 

もちろん食事制限をしたり、お酒を控える、といった方法も対策です。

 

こちらでは、痛風に対処するに当たりグルコサミンサプリメントをおすすめします。

 

痛風に対してどのような効果をグルコサミンは持っているのでしょうか。

 

 

■関節痛の症状を抑えてくれる機能あり!

 

・炎症を抑える機能がグルコサミンにはある

 

痛風がなぜ起こるのか、といったことを考えると関節に炎症が起こっているからです。

 

根本には尿酸値といったものもあるのですが、最終的には関節に炎症が起き、それが痛みに発展してしまいます。

 

そこでグルコサミンを摂取しておけば、痛みの症状がだいぶ楽になる、といった効果が期待できるのです。

 

そもそも、痛風の発作はある程度予測できることもあります。

 

そろそろきそうだな、と思ったらグルコサミンを摂取しておきましょう。

 

痛みが来ることは防げませんが、その痛みを緩和する、といった働きは大いに期待できます。

 

 

■グルコサミンは尿酸値を引き下げてくれるような効果は期待できないの?

 

・残念ながら尿酸値は下げません

 

グルコサミンは尿酸値を下げる効果があれば、痛風を根本的に治せるような可能性を持っていることになります。

 

しかし、グルコサミンは尿酸値を引き下げるような効果は一切ありません。

 

ですから、痛風を予防する、といった利用はできません。

 

前述した炎症を抑える効果のみ期待できるので、痛みの改善、といった効果を求めて利用するならおすすめです。

 

 

■痛風を根本的に治すためにはどうすればよいのか?

 

・プリン体を多く含んだ食生活を改めることが絶対条件

 

特にお酒を飲む、といった方は非常に危険です。

 

ビールには多くのプリン体が含まれており、1日に何杯も飲む、といった方は要注意です。

 

日本酒や焼酎といったものであればプリン体は少ないので痛風のリスクはそれほど高くありません。

 

ビールが好きな方は、他のアルコールに切り替えてみる、といったことも考えましょう。

 

最近では、プリン体をカットしているお酒も増えてきました。

 

そういったものを飲むようにするだけでも、痛風のリスクは引き下げられますよ。

 

 

おすすめ記事※人気のグルコサミンサプリを実際飲んだ体験談↓↓